消費者金融

借金の履歴である信用情報

銀行や消費者金融が利用者のキャッシング利用歴を調べるときに照会するのが信用履歴です。照会と同時にその金融機関がもっている情報も登録されるのでこの信用履歴にはキャシング利用者のあらゆる利用歴が保存されています。

 

この信用履歴はリアルタイムで更新されるわけではありません。上記のように金融機関や消費者金融などが情報を調べるタイミングで新たな情報が追加されます。実際のキャッシング利用と信用履歴の記載内容にはタイムラグが存在するのです。

 

そのため、住宅ローンの申し込みのためにカードローンの枚数を減らすときや、複数のキャッシングに申し込みたいが同時申し込みにならないよう配慮したい場合などは、狙い通りの効果を得るためには少し待つ必要があります。

 

信用履歴が更新されるタイミングはいくつかあります。キャッシング申し込み時には当然信用履歴を調査しますので、このときに新たな情報があれば内容が追加されます。また一定以上の融資をしている場合も3ヶ月に一度など期間を定めて信用履歴は調査されるのでこれも更新のタイミングになります。

 

その他にも返済、滞納や債務整理など重要な記載すべき事項が発生するたびに信用履歴には情報が追加されます。情報の追加だけでなく、アクセスした金融機関や消費者金融が新たな情報を見た場合、それが利用資格に反する情報であった場合にはカードローンの利用停止などが行われます。